NO IMAGE

白髪になる前に介護脱毛をするべきワケ

これから介護するなら介護脱毛をしてもらっておくべき

今後、両親が高齢になり介護が必要になる可能性がある方にとって今のうちに介護脱毛をしてもらうことは非常に大切なことです。
これは介護をするときの負担を最小限に抑えるためにも必要なことです。
全身の毛が白髪になってからでは遅いです。
その理由としては、光脱毛とは「メラニン」という黒いものに光を反応させ、毛の生える組織を破壊する仕組みとなっています。シニアになって体毛が白髪になった部分では、毛根までも白くなっているので、光が反応せず、脱毛効果は期待できなくなってしまいます。
介護脱毛なので、介護される少し前から脱毛すればいいとお考えの方もいらっしゃると思いますが、そうなってしまうと白髪になっている可能性があります。
まだ、自分で動けるうち、元気なうちに脱毛される事をオススメ致します。

・介護脱毛とはVIO!

介護をするときのことを考えると、VIOを脱毛しておくべきです。
その理由は、排泄のお世話の負担軽減です。
シニアになると排泄かどうしても、こまめに出てしまいます。
その為オムツを変える時間もこまめにしなければいけません。
排泄のお世話は想像以上に大変です。
肉体労働でもあります。
オムツを変えるだけでも一苦労なのに、尿や便を拭き取らなければいけません。
VIOの毛に尿や便が絡みつくと拭き取るのにも時間や労力がかかります。
他にも食事介助や入浴介助もしなくてはいけないのに1日の半分はオムツ変えに時間は奪われます。
入浴も元気な時は毎日入りますが、介護までになると週に2.3回になってくるのでVIOはとても不衛生な状態になっています
肛門の毛が生えていると、便は毛に絡み付いて取れにくくなります。ゴシゴシすると皮膚を痛めていましい、炎症を起こしてしまいます。介護される側も介護する側もどちらも負担がかかります。
介護脱毛をさせていたら、介護の負担は間違いなく軽減されます。
毛が無くなる事によって、不衛生ではなくなりますし、排泄のお世話はかなり楽になります。

両親への恩返しの意味での介護脱毛

両親に介護脱毛を勧めることは決して失礼なことではなく、互いの関係性を良好に保つ意味でも必要なことです。
介護脱毛の事を話すと嫌な気持ちをするんじゃないか?と心配されるかもしれません。
ですが、両親にとっても息子や娘に介護の面で、できるだけ迷惑をかけたくないという思いは必ずあるはずです。
なるべく、我が子に介護での大変な思いをさせたくないというのが、親の意見です。
介護脱毛をする事によって排泄の処理が楽になるのならば、どちらにとっても悪い事ではないので、まだ両親が元気な内に1度ご提案されても問題ないと思います。
少なからず老後の不安は誰にでもあると思います。お金の面はもちろん、次に多いのは「自身が介護される」です。
40代50代になると、自身も親の介護の経験がある方はいらっしゃいます。
介護経験かあるからこそ、自身が介護される事に不安はあるのですね。
我が子が介護脱毛の事について話しを出してきたら、嫌な気持ちをされるどころかむしろ喜ばしい気持ちを持たれると思います。
介護脱毛について話しをしようか迷われてる方、そうでない方もこの機会に1度話されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

1度は耳にする介護脱毛!
介護脱毛ってどのタイミングでしたらいいのか迷われる所だと思います。
高齢になるちょっと前にしたらいいのか?と思われる方もいらっしゃるようですが、白髪になった毛では遅いという事がお分かりになられたでしょうか
30代からされている方もいらっしゃいます。
早くから始められると、スッキリとして快適!と言われる方が多いですよ。
介護脱毛をお考えの方は白髪になる前に始めましょう!