自分でできる髭の正しい処理方法

 

ヒゲ剃り前のケア

まず、ヒゲを剃る前に洗顔からです。
ただ適当に洗顔するのではなく、ぬるま湯で丁寧に洗顔します。
そしてその後に蒸しタオルでヒゲを温めます。

 

そうすることによって、お肌のトラブルを最小限に抑えることができます。

乾燥した肌をいきなりヒゲ剃りをしてしまうと、トラブルの原因になることもあります。
洗顔した後に、蒸しタオルでヒゲや肌を温めると、毛穴が開くのでより剃りやすい状態になります。

蒸しタオルを作る方法
・濡れタオルを30秒から1分ほど電子レンジなどで温める方法
・暖かいお湯にタオルを浸して絞る方法

まずは、ヒゲ全体を蒸しタオルで温めるのがヒゲ剃りの大切なポイントになります。

 

ヒゲ剃りのコツと方法

ヒゲ剃りをするときのコツは、毛の生えている向きに沿って剃り始めることです。

最初から逆剃りをしてしまうと、毛が肌に引っかかり、出血や肌荒れの原因になってしまいますので、最初から逆剃りすることは控えましょう。

 

毎日欠かさずするヒゲ剃りなので、肌にやさしいシェーバーを選ぶことも大切です。

やはり男性の方は、T字のカミソリを使っていることが多いかと思います。
T字のカミソリを使うのならヒゲの濃い方は5~6枚刃、ヒゲ薄い方は2~3枚刃を目安に使用するといいです。

刃もずっと同じのを使ったり、放置してしまうと錆びて切れ味が悪くなってしまい、カミソリ負けや肌荒れの原因になってしまうので、定期的に交換するようにしましょう。

 

どうしても逆剃りしないと毛をちゃんと剃れた気がしなくて嫌な方は、T字のカミソリで剃った後に電子シェーバーでもう一度剃るとより綺麗に剃れるので試してみてください。

ヒゲ剃り後のケア

ヒゲを剃った後は保湿を忘れないようにしましょう。

ヒゲを剃って終わりの方も多いですが、その後の保湿がとても大事になってきます。

朝から面倒臭いと思うかもしれませんが、お肌のためにもいつもよりも5分だけでも早く起きて少し頑張りましょう。

シェービング後の肌はさっぱりして爽快に感じるかもしれませんが、すぐに化粧水や乳液、保湿クリームなどでしっかり保湿していきましょう。

ヒゲを剃った後には毛穴が開いた状態になってしまいます。
カミソリの刃によっても、ヒゲと一緒に肌表面の古い角質や産毛なども削り取ってしまいますので、そのままにしてしまうと肌荒れの原因になってしまいます。

 

なので、ダメージを最小限に抑えるヒゲ剃り後のケアを心掛けてください。