少ない痛みで脱毛する方法3選

脱毛をしたい!と言う男性に多いのが「できるだけ少ない痛み」で脱毛をしたい!と言う要望です!

脱毛というと何かすごく痛い!というイメージが先行しがちな現在。

そこで専門サロンの私たちが少ない痛みで脱毛する方法を3つ紹介します!

 

光脱毛で脱毛する

医療脱毛に比べて光脱毛は痛みが少ないです。

医療脱毛とは、レーザーを毛母細胞に照射してを破壊することで、毛を永久的に生えなくさせる施術です。
(※)毛母細胞とは、毛根にある毛をつくりだす細胞のことを指します。

直接、細胞にレーザーを照射するので強い痛みを感じますので、箇所によっては麻酔を使う施術になる場合もあります。
我慢できず、途中で辞められる方もいらっしゃいます。

光脱毛とは、何度も照射を繰り返し減毛していくので、毛周期に合わせて通わなければなりません。これは、レーザー脱毛に比べると使用する脱毛マシンの出力が低いということが関係しています。

ですが、レーザー脱毛と比較して、痛みがそれほど強くありません。なので、痛みに弱い男性にもオススメです。また、肌への刺激も小さい為、肌トラブルが少ないのもメリットです。

また、同時に肌のケアにもなります。
光脱毛は、メラニン色素に反応するため、シミにも働きかけ肌のケアに繋がる作用があります。

 

脱毛クリームで脱毛する

痛みはないですが、短期間で何度もする必要があります。

脱毛クリームを塗って拭き取るだけの作業してなので、痛みは全くありません。
ですが、毛根から抜ける毛だったり、抜けずに切れたりまばらな脱毛になってしまったりします。

成長期になると、また普通の毛が生えてきます。
また、除毛クリームは独特なにおいがします。

匂いに敏感な方は使いにくさを感じられるかと思います
クリームの刺激が強く皮膚トラブルの原因になる場合もあります。

 

毛抜きで抜く

脱毛効果はありますが、肌へのダメージが深刻〜

毛抜きで抜くと、その時はキレイに抜けているように見えますが、毛の周りの細胞を痛めつけているので炎症の原因になってしまいます。
炎症がおこると、毛穴が赤くプツプツなり痛みや痒みを引き起こしてしまいます。

 

また、新しい元気な毛はすぐ生えてくるので、毛抜きを繰り返すと毛穴が開き肌がブツブツになる原因となります。
毛抜きでの脱毛はオススメできません。