NO IMAGE

埋没毛の原因と予防について解説!メンズ脱毛セブン

埋没毛の原因と予防について。

理没毛って聞いた事ありますか?

埋没毛について、馴染みがなくわからない方も多いと思います。

ヒゲなどを自己処理してる際に、皮膚の中に埋まって剃れない毛がある。
という経験があると思いますがそれが埋没毛になります。

皮膚表面から出てくるはずの毛が表に出てくることが出来ず、皮膚の下で埋もれてしまっている状態です。

埋没毛があるとせっかくヒゲを自己処理しても、黒いブツブツみたいなものが残ってしまい、相手に不清潔な印象を与えてしまいます。

 

埋没毛になってしまう原因とは?

まず、カミソリを使って日常的に自己処理をしていることが原因に上げられます。

カミソリはお手軽で深剃りが出来るというメリットがありますが、毛と一緒にお肌表面にある角質も削ってしまいます。お肌を傷つけてしまうことが多いです。

傷ついた肌は再生しよう、直そうと毛穴にかさぶたが出来ることがあります。

そのような状態になると、再び毛が成長してきても皮膚がかさぶたで覆われているため、表面に出てくることが出来なくなり、埋没毛となってしまうことがあるのです。

ですが、かさぶたができるのはほとんどがお身体であまり気にならない方も多いと思います。

やはり埋没毛が一番気になる部位は特にヒゲだと思います。

皆さんの中でも、ヒゲなどを毛抜きで自己処理している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

毛抜きでの自己処理は、毛を根元から無理やり引き抜いてしまうため、毛穴や皮膚に強いダメージを与え、毛穴や皮膚をかなり傷つけられてしまいます。

そのため、傷つけられた毛穴や皮膚はより強く再生し、肌表面を塞いでしまいます。
そうなると、毛が再び生えてきたとしても、肌表面に顔を出せなくなり埋没毛となってしまうことがあります。

毛抜きは肌や毛穴にとって良いことはないので、毛抜きをされている方は今すぐ止めましょう。

予防法としては、毛抜きなどのお肌に強い負担を掛ける自己処理は控えること、こまめな保湿をすることで埋没毛を作らない肌の環境にしていくことが大切です。

メンズ脱毛セブンではカウンセリング時、埋没毛の予防策や解決策などを詳しくお話させて頂いております。埋没毛にお悩みの方もぜひお問合せ下さい。